分野field

代謝・遺伝子工学

メンバー

鈴木 石根
(分野長,生命環境系 教授)

白岩 善博
(生命環境系 特命教授)

福田 真也
(生命環境系 研究員)

目的・および達成目標

微細藻類の代謝経路とその調節機構を解明し、それらを人工的に最適化することにより、有用物質の生産性を飛躍的に向上させるほか、新規有用物質生産のプラットフォームを構築する。

 

研究トピック(1)

【題目】
シアノバクテリアを用いた有用物質の生産性の向上
【研究内容・成果】
酸化を受けにくい脂肪酸(シクロプロパン型脂肪酸)を合成するシアノバクテリアや耐熱性の青色色素タンパク質フィコシアニンを持つシアノバクテリアの開発、有用物質の生産性を向上させるための代謝制御、抽出工程の簡便化させるための溶菌株の作成を行う。
【関連写真】

 

研究トピック(2)

【題目】
オーランチオキトリウムの有用物質の生産性の向上と培養条件の効率化
【研究内容・成果】
オーランチオキトリウムのスクアレン合成の律速酵素を過剰発現させることにより生産性を向上させる研究や、汽水域で生育するオーランチオキトリウムを低塩濃度条件に馴化するなどの培養条件の最適化を行う。
【関連写真】

 

研究トピック(3)

【題目】
バイオ燃料となる脂質アルケノンの代謝解析
【研究内容・成果】
海洋に生息する単細胞藻類であるハプト藻1種Emiliania huxleyiの生産する中性脂質をバイオ燃料として利用するための研究開発
【関連写真】